ビジネスパーソンに最先端の「構想力」を。リカレント教育のBBT

リベラルアーツ
六観講座

~経営人材はリベラルアーツから
何を学ぶべきか~

受講申し込み

リベラルアーツ六観講座を
学ぶ3つの目的

講座概要

AIなどのテクノロジーの急速な進展と激しく変化するビジネス領域やビジネスモデル、さらには働く人の側の変化によって、企業の経営、中でも人や組織に関する様々な施策や考え方が大きな変革を迫られています。こういう時だからこそ、教科書的経営書の最新知見や先進企業の事例、未来予測本にただちに正解を求めるのではなく、一旦大きな視点で「リベラルアーツ」ともいうべき社会科学や自然科学、人文科学を学び、経営や組織人材にかかわる根本的な自論=世界観を固める必要があります。

六観講座では、「事実に対して謙虚な姿勢を持つ」ことを大切にしています。選定した課題書籍は、現段階でできる限り「事実」に近づいており、そこから客観的に意味合いを引き出しているいると思われる重要な著作ばかりです。いきなり「哲学」や「思想」などの観念的な世界に飛び込むと、自身の範囲内にある内的思考を言い換えるだけの言葉遊びになりがちです。

さらに単に読書するということにとどまらず、特定の切り口や議論テーマを意識しながら読書し他の人たちと意見交換する過程を経て、幅広く自論、つまり六つの世界観を作り上げていくことを目指します。それらの過程を経ることで、皆さんが経営や組織について考えるときの思考様式や行動様式、発想の仕方などがさらにワンランクアップすることが目的です。

こんな方にお薦めします!

これから、グローバルビジネスフィールドでの活躍が期待されている方、ご自身がそれを志向されている方

国内グローバル企業で、海外のトップマネジメントとの交流や経営上のディスカッションが必要な方

リベラルアーツについて、書籍等で得た一通りの知識はあるつもりだが、自己完結で終わってしまい物足りなさを感じている方

世界の現在のあり様や、国際社会における日本の立ち位置について、なぜこのような状態であるのか、普段から素朴な疑問として感じているが突き詰めて考える機会がなかった方

リベラルアーツについて勉強したいと思っても、膨大な関連書籍の中、何から手を付ければ良いか、わからない方

伊藤さん

第1期受講生:伊藤さん

ファクトベースで思考力を鍛えることが楽しい!

詳しくはこちら
爲井さん

第1期受講生:爲井さん

謎解きをしているうちに解釈力があがる面白さ

詳しくはこちら
比留間さん

第1期受講生:比留間さん

自ら主体的に考えを深めるための核ができたらいいな

詳しくはこちら

基本情報

受講期間 9ヶ月
開講日 年2回開講(5月・11月の年二回開講)
※次回開講は【2020年11月1日(日)】となります。
※申し込み締め切り【2020年10月25日(日)】
コンテンツ時間数 約6時間
※講義映像は視聴期間中、何度でも視聴可能です。
講師 高橋 俊介氏(慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授)
受講価格 受講価格:418,000円(消費税込)

上記価格にマイル割引が適用可能です。
課題図書は受講料に含まれます。別途ご購入いただく必要はございません。
受講の流れ 六観講座は6つのセッションから構成され、1セッションは6週間の学びとなっております。
1セッションの流れは以下となります。

【輪読期間:4週間】
毎回まずは課題図書を、示された「切り口」を意識しながら読み込んでいただき、毎回「特に印象に残った記述とその理由」及び「与えられた討議課題に関する自論」をA4一枚程度にまとめて提出ください。

【オンライン・ディスカッション期間:2週間】
BBTの遠隔教育システムAirCampus(以下”AC”)上で、ディスカッションを行います。
他の受講生の自論を参照しながら、課題についての議論を深めてください。

【オンライン・ディスカッションに並行し映像講義視聴】
講師の補足解説の講義を視聴し、最終的に改めて課題及び感想全般を書き直して提出ください。
集合研修 開講時と閉講時に、東京都内にて二時間の集合研修を実施いたします。
講師や他受講生と直接の対話を行う貴重な機会です。

※オンラインでの参加も可能です。

●第Ⅱ期集合研修実施日
第一回 2020年12月1日(火曜日)
第二回 2021年7月7日(水曜日)
修了要件 各セッション、ディスカッション開始前の自論レポートおよび講座視聴後の最終レポートの提出
副教材 リベラルアーツでの学びを深めるために、以下の教材を提供しています。
別途お申し込みいただく必要はございません。
詳細に関しては「副教材について」をご確認ください。
1.大前研一ライブ
2.BBTChブロードバンド視聴
3.大前研一通信(PDF版)
説明会 説明会 オンラインシステムZoomを用いた説明会を実施予定です。

■ 説明会実施日
お問い合わせ先 株式会社ビジネス・ブレークスルー
リベラルアーツ事務局

E₋mail:liberalarts@bbt757.com
HP:https://liberalarts.bbt757.com

講座長からのメッセージ

高橋 俊介

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授

講座名の「六観」は「第六感」みたいで語呂もいいということで決まりました。本当はほかの切り口もあるかもしれないし、もっと細かく分けたいというような話もあるかもしれませんが、大切なことは、一見「経営そのもの」からは遠いテーマについても、まずは、世界を取り巻く外部環境を理解するための本質的なアプローチを行い、そこから、徐々に核心に近づいていく構成をとっていることです。いきなり一番考えたいテーマにストレートに向かってしまうと、それ以上、話は広がらなくなってしまいます。それに対して、いったんぐっと思考を広げて、そのあと核心に迫っていくという流れとすることによって、より個別具体的な事象を考察する際に、それまでの思考のプロセスで身に着けた「深み」や「引き出し」が効いてくるのです。

課題図書については、「フィクションよりファクト、フィロソフィーよりファクト、未来予測よりファクト」をモットーに、現時点でそれぞれの分野で最もファクトに近づき、そこから本質的な意味合いを引き出そうとしている本を選定してあります。一見、全然関係なさそうだと思っていた課題図書が、セッションが進むにつれて、突然つながりを持ち始める面白さも感じて頂けるものと思います。

世界観を作るのは、容易なことではありません。ですから、この「六観講座」が終わると、自分の世界観ができるのか、というとそういうことではないのです。本講座を通して、大きな自論、いわば世界観を構築するときのプロセスが大事であり、この世界観は、講座が終わっても、それぞれの様々な学びや経験の中でブラッシュアップしていかなくてはならないものです。場合によっては、それがいったん崩れることもあるかもしれません。しかし、その過程がきちんとあるかどうかで、経営人材としての価値が全く違ってくるのです。

講座長高橋俊介先生からの
受講検討者へ向けたメッセージ

ディスカッション・ファシリテーターからのメッセージ

竹田 年朗

マーサージャパン株式会社 グローバルM&Aコンサルティング パートナー

経営という仕事も含め、良い仕事を長く続けるには、仕事での成功・失敗を通じて自分の軸の完成度を高め、自信を深める面と、自己の客観視を怠らず、自分の軸を問い直す面を併せ持つことが必要でしょう。後者に必要な素養、あるいは世界観は、仕事をしているだけではなかなか身につかないと思いますので、ぜひ本講座で世界観構築のアプローチに触れ、議論に参加してみてはいかがでしょうか。

講座推薦メッセージ

柴田 巌

㈱ビジネス・ブレークスルー 代表取締役社長

この六観講座では、非常に幅広いリベラル・アーツの領域の中でも、特に事実(ファクト)に基づいて分析・構築された知見(人類の叡智)について学びます。

本講座は、単に世界史や日本史を、受け身の姿勢で学ぶものではありません。各講座では、経営者が世界・社会・外部環境を見る際に持つべき視点・視座が例示されます。その上で、一定の分析や思考のフレームワークを意識したうえで課題図書を探究していきます。例えば、世界観の講座で取り上げられる「銃・病原菌・鉄(ジャレド・ダイアモンド著)」であれば、「現生人類が誕生したサハラ以南のアフリカは、本来圧倒的な時間的アドバンテージを持っていたにも関わらず、今、超大国とはなっていない。他方、歴史上後発であったアメリカ合衆国等の西洋は、現在超大国とされている。彼らは、歴史上のいつ、どのような事象によって超大国となり得たのか?また、アフリカ諸国が超大国となりえなかったのは何故か?日本の将来に対する意味合いは何か?」といったフレームワークと、それに対する自分なりの答えを探ろうという探究心を持ちながら本を読み進めます。こうした学習方法により、本の内容を単に理解する以上に脳が刺激され、それが理解の深さと応用力の習得を促します。

こうした主体的な学びを踏まえて、セッションの中で提出するレポートでは、本や教材に何が書いてあるかをサマリーするのではなく、与えられたテーマに対する自分なりの答えをアウトプットすることが求められます。また同じテーマに関する他の受講生のレポートや意見に触れることによって、なるほどそういう見方もあるのだとの刺激を受けます。

経営者が経営戦略・戦術を考える際、ともすれば会社や組織の中のリソースや、組織の中で論じられていること、起きていることを中心に思考しがちです。しかしながら、本来、経営者に求められる思考は、外部環境(例えば、「世界がどういう流れで今に至っているのか、今何が起きているのか、世界の中で日本は今どういう位置づけなのか」など)を深く理解した上で、経営判断していくことです。本講座は、こうした外部環境について、例えば多様性の重要性についてであれば、過去1万5千年において、様々な人類・動植物・社会構造がまじりあい、交雑し、淘汰されていったというファクトを、歴史学、社会学、ゲノム・遺伝子工学などの複数の学術領域において正しく理解することで、企業や組織も多様性を受容していかなければ存続していくことができない、あるいは、そうした多様性に富むものに対して劣後する、というアナロジーを与えてくれる点でも意義深いものです。歴史やリベラルアーツ(人間としての知)を深めておくことが、より幅広い本質的な理解、自分なりの価値観・自論につながります。いわば、世界観ともいうべきものを持っていることが、経営における構想力の前提になるのです。

6回のセッション内容

セッション1 「グローバル観」:世界の文明発展の歴史とその意味すること

  1. 先進国はなぜ結果として先進国たりえたのか、そして日本を含む多くの先進国はなぜ今停滞状況になっているのか
  2. 日本はなぜ欧米外で最も早く産業化したのか、そしてなぜ欧米以上に今少子高齢化なのか
  3. 従来の先進国とは異なる歴史と政治社会システムを持つ新興国の発展は今後どうなっていくのか

課題書籍

「銃・病原菌・鉄」上下巻 ジャレド・ダイアモンド著 草思社文庫
「人口で語る世界史」 ポール・モーランド著 文芸春秋

セッション2 「日本観」:日本の歴史と社会の特徴とその意味すること

  1. 日本はどういう特徴を持った社会として発展してきたのか
  2. 今の日本社会のイメージはいつごろからどんな背景で形成されてきたのか
  3. 日本を特徴づける切り口として今まであまり意識してこなかったことは何か

課題書籍

「武士の日本史」 高橋昌明著 岩波新書
「日本の歴史をよみなおす」  網野善彦著 ちくま学芸文庫筑摩書房

セッション3 「組織観」:日本の組織とリーダーシップの特徴とこれから

  1. 日本の組織の本質的な特異性とは何か
  2. その特異性は何をもたらし今何が問題なのか
  3. 日本の組織の何が時代環境に合わなくなってきているのか、何が閉塞感を生んでいるのか

課題書籍

「日本の安心はなぜ消えたか」 山岸俊男著 集英社インターナショナル
「タテ社会の人間関係」 中根千枝著 講談社現代新書講談社

セッション4 「人間観」:人間のゲノムによる進化の理解と多様性の意味

  1. 人類はなぜ他の動物の中で際立った存在となったのか、人類の人類たるゆえんは何か
  2. 人の多様性は何に由来しどういう意味があるのか、人種や民族とはどのような意味を持つのか持たないのか
  3. 人のこころの機能と多様性に組織はどう向き合うべきか、社会視点経営視点で考えたときそれはどういう意味を持ちうるのか

課題書籍

「交雑する人類」 デイヴィット・ライク著 NHK出版
「「こころ」はいかにして生まれるのか」 櫻井武著 講談社

セッション5 「社会観」:社会と人と人の関係のあり方とこれから

  1. 社会において人と人の関係はどのように築かれるのか、人の経済活動や人生においてどのような意味を持つのか
  2. 第2回の安心社会信頼社会の視点からか考えたとき、これからの日本の社会、人と人の関係はどうなっていくのか
  3. 資本主義やテクノロジーは、人を幸せにするのか、どうすればそれらを人々にとって好ましい方向に進めることができるのか

課題書籍

「幸福な監視国家・中国」 梶谷懐・谷口康太著 NHK出版新書
「チョンキンマンションのボスは知っている」 小川さやか著 春秋社

セッション6 「経営観」:経済活動と人生観・仕事観の歴史とこれから

  1. そもそも人はなぜ勤勉に働くのか
  2. 経営リーダーの価値観はどのように変遷してきたのか、それはどのような背景から形成されてきたのか
  3. これからの経営者はどのように自分の仕事と向き合うべきなのか

課題書籍

「GAFA 四騎士が造り変えた世界」 スコット・ギャロウェイ著 東洋経済新報社
「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」 マックス・ヴェーバー著 日経BP社

各セッションの流れ

各セッションの流れ

副教材について

大前研一ライブ

大前研一ライブ

大前研一が、経済情勢などの最新ニュースを独自の視点で解説

最新ニュースや経済動向など、国内外の主要なトピックを学長の大前研一が独自の視点と分析力で徹底解説する人気番組です。資産運用にとって、世界経済の動向を把握することは、重要な要素の一つです。毎週約2時間、最新の経済データやニュースから「世界経済の今」を把握する力を養ってください。(※政治や企業の話題等も含まれます。尚、提供のない週もございますので、ご了承ください。)

BBTChブロードバンド視聴

BBTChブロードバンド視聴

5,500時間を超える最新のビジネストピックスが見放題!

マーケティング・ファイナンス・コーチング・経営者セミナーなど、多岐にわたる分野のビジネスパーソン必見コンテンツを、著名な講師陣を迎えてお届けします。開講日から受講期間終了日まで、スカパーBBTchで放送された毎月の新作&再放送番組をインターネットで視聴できる【CS-BB】サービスと、ストリーミング(インターネット配信)により5,500時間を超えるBBT特選コンテンツが視聴できる【AirSearch】サービスをご利用いただけます。特に、当講座内容の更なる理解に役立つ財務・会計系のコンテンツも豊富に取り揃えています。「財務諸表の読み方をもっと勉強したい!」といった際などにぜひお役立てください。

大前研一通信(PDF版)

大前研一通信(PDF版)

大前研一の発言や論文を、まるごと読む

「大前研一通信」は、グローバルに活躍する経営コンサルタント大前研一による、様々な社会問題に対しての発言や論文を、まるごと読むことができる唯一の月刊情報誌です。マスコミに発信された大前研一の発言や、雑誌媒体へ連載している記事等を読むことができ、新聞やテレビでは分からない多面的・国際的視野を得ることができます。

受講申し込み